共産主義からの解放を目指す 保守系の政治団体

 国際勝共連合は、日本で1968年に創設され、来年(2018年)4月1日に創立50周年を迎える保守系の政治団体です。

 「共産主義は間違っている」をスローガンに勝共運動を果敢に展開し、1989年に「ベルリンの壁」が消滅、さらにソ連・東欧圏が解放されるに至る上で、重要な役割を担いました。

1990年4月11日、ソ連モスクワを訪問した当連合創設者の文鮮明総裁(左)はゴルバチョフ共産党書記長と会談。その後もレーガン米大統領の出会いを仲介するなど、冷戦終息に尽力した。

 

 共産主義に勝利宣言した当連合は、なお残存する共産国(中国や北朝鮮など)の解放と、文化共産主義との新たな闘いを継続中。人類を共産主義から解放し、理想世界を創建するところに最終目標があります。

   国際勝共連合の創始者・文鮮明総裁は、常々「世界から共産主義者が1人もいなくなるまで勝共の旗を降ろさない」と語ってこられました。

   国際勝共連合の50年の歩みは、内外の共産主義との熾烈な思想戦であり、共産主義は「国際勝共主義段階」(ソ連中心)「国家共産主義段階」(中ソ対立以後)から後退し、現在は「文化共産主義」(家族など伝統基盤破壊)との闘い、ならびに思想啓蒙が勝共運動の主なミッションです。

▷ 国際勝共連合50年の歩み

▷ 写真で見る国際勝共連合史

国際勝共連合のシンボルマーク:“国際共産主義との闘いに必ず勝利し平和世界を築く” という創設当時からの変わらぬ決意が込められている

当ホームページに掲載している創設50周年を記念するマーク。来年2018年に記念イベントを開催予定。

 

国際勝共連合 運動方針
①国際共産主義の脅威からわが国の平和と安全を守るため、防衛力強化、スパイ防止法制定など安全保障体制を確立する
②新憲法制定のための議論を推進しよう
③家庭崩壊をたくらむ文化共産主義の策動を明らかにし、民法改悪の動き等を阻止する
④「思想新聞」「世界思想」「情報パック」等、機関紙誌及び会員を拡大するとともに、「世界平和連合」各都道府県連合会と連携し諸活動を展開する

平成29年 運動方針〔五大標語〕
1. 救国救世基盤を造成しよう
2. 日米韓結束でアジア太平洋を守ろう
3. 中国共産党の覇権主義を許すな
4. 内外に浸透する共産主義との闘いを強化しよう
5. 新憲法制定のための議論を推進しよう

▷ 勝共運動の3段階論

 

当連合の概要
会長:太田 洪量(おおた・ひろかず)
本部:東京都渋谷区宇田川町36-6 ワールド宇田川ビル9F
電話:03-3496-7433 FAX:03-3496-0577

▷ 当連合事務所へのアクセス

 

活動内容
● 出版・情報発信:機関誌「世界思想」月1回、機関紙「思想新聞」月2回、
オピニオンサイト「RASHINBAN(ラシンバン)」
● セミナー、集会開催
● 遊説活動
● その他、政策提言などの政治活動

▷ 会長あいさつ

▷ 国際勝共連合50年の歩み

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
「いいね」と思ったらシェア!