■ 日本共産党が何を目指しているかご存知ですか?

日本共産党は資本主義を根底から否定します

 日本では、思想信条の自由、政治活動の自由が保障されています。多様な価値観に基づいて様々な政党があります。これはとても素晴らしいことです。

 しかし私たちは、日本共産党とそれ以外の政党とは全く別物だと考えています。端的に言うと、共産党以外の政党は日本という国を前提とする政党です。そして日本共産党は、日本という国を根本から否定する政党です。この点が全く違います。

 なぜそう考えるのでしょうか。日本共産党の基本的な考え・主張は、綱領にはっきりと書かれています。綱領は共産党のHPで見ることができます。

 彼らの綱領には、「社会主義・共産主義の社会」を目指すと書かれています。これは資本主義を根底から否定するもので、憲法29条に反しています。彼らの目的は憲法を改正しなければ絶対に果たせません。「憲法守れ」というのは偽りです。詳しくは、「資本主義、社会主義、共産主義の違い」をご覧ください。

 そして何より、彼らは「国家権力そのものが不必要になる社会」を目指しています。つまり、日本という「国家」の存在そのものを否定しているのです。他のすべての政党は、日本という「国家」を前提とした政党です。しかし日本共産党は、日本を倒すことを究極的な目的とする政党なのです。

 日本共産党の志位和夫委員長は、「北朝鮮、中国にリアルな危険はない」(2015年11月)と発言しました。これは、資本主義国家である日本は敵であり、社会主義国家である北朝鮮、中国こそが理想に近い国家であると考えているということです。

 

 そして日本共産党は、公安調査庁が「破壊活動防止法」に基づく調査団体であると公式的に認める政党です。彼らがよりどころとする共産主義思想は、暴力革命を正当化する理論です。そしてこの思想に基づき、1950年代には多くの暴力的破壊活動が繰り広げられました。共産主義思想を捨てない限り、この本質が変わることはありません。なお、日本政府もこれと同じ見解を正式に閣議決定しています(2016年3月)。

 例えば、公安調査庁の平成30年度発行の冊子をご覧ください。日本人の治安を脅かす団体として、「オウム真理教」「過激派」と並び「共産党」が明記されています。

 それでは、共産党員が語りたがらない、日本共産党の歴史を見ていきましょう。

【第四章】「日本共産党」とは 
世界革命組織の日本支部として誕生
…ソ連が日本で共産革命(クーデター)を起こすために創設 

殺人などの暴力的破壊活動を全国展開
…日本共産党の黒歴史 ー 日本で犯した殺人・強盗事件の数々を忘れてはならない
最も過激な改憲勢力
…「憲法全条文を守る」は大嘘だ。彼らが画策する驚愕の改憲内容とは
さよなら、日本共産党
共産党は、世界の民主主義国で壊滅。それでも、日本で存在できているのはなぜ?

 

次のページへ
日本共産党はどうやってできたの? > 

Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter

「いいね」と思ったらシェア!