中国潜水艦、尖閣諸島周辺の接続水域に侵入ー 極めて危険な挑発行為

【写真】接続水域に侵入にした中国潜水艦「攻撃型原潜 商級」:出典 NHKニュース

 中国軍の潜水艦が、尖閣諸島周辺で日本の接続水域を潜没したまま航行しました。また同時に、中国軍の軍艦が接続水域に侵入しました。2隻の艦艇の侵入の目的が日本への挑発であることは明らかです。国際勝共連合は厳重に抗議します。

 さて、自国の領域の海を領海と呼びます。領土から12カイリ(約22キロ)の範囲で設定することができ、その沿岸国の主権が及びます。詳しくはこちらをご覧ください。

 領海であっても、他国の艦船、平和や秩序を害さないことを条件に事前通知なく通航することができます。これを無害通航権と呼びます。もちろん軍事行動が目的なら、深刻な主権の侵害となります。他国軍の潜水艦が無害通航を行う場合、安全性を主張するために海面に浮上して航行します。

 

 領海の外側に設定できるのが接続水域です。公海ではありますが、密輸や密入国の防止などのため、沿岸国が自国の法律を適用することができます。中国軍の艦艇2隻が侵入したのはこの接続水域でした。

 接続水域を他国軍の艦艇が航行することは国際法違反ではありません。しかし沿岸国に多大な脅威を与えるため、極めて異例の事態といえます。

 しかも今回のケースでは、潜水艦が海面に浮上せず、潜没したまま航行しました。また中国外務省の報道官が、「中国海軍が日本側の活動を追跡、監視した」と公言し、目的が軍事行動であったことを明らかにしました。日本の主権に対する、極めて危険な挑発行為といえます。

 中国の戦略は、国際法に触れないぎりぎりの範囲で挑発を行い、出方を伺いながら既成事実を積み重ね、最終的には違法な影響力を獲得するというものです。日本が曖昧な立場をとれば付け上がり、さらなる暴挙へと出るのは確実です。政府は中国の駐日大使を呼び出して抗議しましたが、国民も政府と同様、主権に対する意識を強く持つべきです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 劉暁波氏「死去」が暴露する共産党の本質

  2. 中国、国家元首の任期無期限へ

  3. AI が共産党を「無能」と判断




最近の記事

Twitter でフォロー





なぜ共産主義者は恐れられるのか