FWP新会長に梶栗正義氏が就任

 国際勝共連合(IFVOC)・世界平和連合(FWP)中央本部理事会が平成29年12月7日、本部会議室にて開催され、太田洪量氏の会長職辞任と梶栗正義氏(本部理事・天宙平和連合〔UPF〕会長)の新会長就任が全会一致で承認された。

梶栗正義新会長

 梶栗正義氏の父は、故・梶栗玄太郎 勝共連合元会長で、幼い頃から激闘続く勝共運動の真っ只中で育った。世界平和青年連合日本会長、UPF事務総長など要職を歴任し、家庭強化運動、日韓トンネル推進運動、安保強化運動など多岐にわたる活動に携わっている。

 梶栗正義氏は、新年の挨拶(思想新聞 元日号)において「本年は国際勝共連合創設50周年を迎える節目の年。国民の精神と文化を蝕み、社会に病理をもたらせてきた共産主義思想の正体を明らかにし、これを克服するため、勝共国民運動により一層の拍車をかけて行く」と決意表明している。

梶栗正義新会長 新年のご挨拶

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


「いいね」と思ったらシェア!