共産主義は間違っている!
国際共産主義勢力、文化共産主義勢力の攻勢に勝利しよう!

勝共運動による救国救世

きょう1月6日は、男女共同参画会議、男女共同参画局が発足して丸10年を迎える「ジェンダーフリー記念日」である。…続きを読む

鳩山政権の男女共同参画担当相となった社民党党首の福島瑞穂氏が共産主義の本性を露わにし、ジェンダーフリーを再び持ち込もうと動き出している。…続きを読む

男女共同参画

この記事は2011年1月6日に投稿されました。

嗚呼、亡国の「ジェンダーフリー記念日」

今年はジェンダーフリー勢力の攻撃の年

きょう1月6日は、男女共同参画会議、男女共同参画局が発足して丸10年を迎える「ジェンダーフリー記念日」である。岡崎トミ子・男女共同参画担当相は4日の仕事始めで、「この10年で築き上げてきた成果をステップに、基本計画の着実な実行はもとより、男女共同参画を更に大きく進めるべく全力で頑張る」と、ジェンダーフリー推進への決意表明を行っている。今年はジェンダーフリー勢力の攻撃の年と位置づけなければならない。

危険な第3次男女共同参画基本方針が始動

第1に、昨年12月に男女共同参画第3次基本計画(2011~15年)が閣議決定されたことだ。同計画は、選択的夫婦別姓の導入に向けた民法改悪の「検討を進める」ことを明記したほか、5年前の第2次男女共同参画基本計画で改定した「ジェンダー定義」(「ジェンダーフリー」の用語使用や性差の否定、人間の中性化、ひな祭り等の伝統文化を否定するのは「男女共同参画社会とは異なる」とした定義)を削除し、再びジェンダーフリー徘徊の道を開いた。さらに同計面は、新たに「性的指向」という言葉を使用し、同性愛者の人権尊重などをうたい、家族破壊・性倫理破壊を公然と推し進めようとしている。

文化共産主義の牙城「国連ウィメン」が稼動

第2に、岡崎担当相が仕事始めで「国際的には国連ウィメン(UNWomen)が正式に発足する」と評価したように、国連の文化共産主義勢力が国連を足場に一層、ジェンダーフリー攻勢を掛けてくることである。国連ウィメンは、昨年7月の国連総会で国連女性開発基金(UNIFEM)など女性に関する既存の4機関が統合されて設立されたもので、今年1月から本格的に稼動する。昨年11月に国連本部で執行理事国選挙が行われ、日本は米国、韓国、英国、インドネシアなどと41カ国の執行理事国に選ばれた(任期は3年)。今後、男女平等や女性の地位向上に取り組まれることになる。これ自体はむろん問題はない。
 問題なのは、国連に浸透した文化共産主義勢力が男女平等を口実に家族破壊策を推進しようとしていることだ。国連の女性差別撤廃委員会はこれまで、わが国の民法が女性差別的な規定を設けている(夫婦同姓や300日規定など)として積極的是正措置を行うよう繰り返し勧告してきた。夫婦同姓までも差別とする文化共産主義勢力は国連ウィメンを使って、さらなるわが国への攻撃を強めるのは必至だ。岡崎担当相(旧社会党出身のジェンダーフリ一派)はこれに呼応して、家族破壊を進めようと画策している。民主党の子ども・男女共同参画調査会(会長・神本美恵子参院議員=日教組出身のジェンダーフリー派)は12月、選択的夫婦別姓制度の導入を容認する提言を党政務調査会に提出し了承され、菅民主党政権はこれに向かってひた走ろうとしている。こうした邪悪な動きを断固阻止しなければならない。

2011年1月6日

この記事は2010年5月1日に投稿されました。

新・男女共同参画案ジェンダーフリーが蠢動

専業主婦狩り・夫婦別姓・過激性教育…

鳩山政権の男女共同参画担当相となった社民党党首の福島瑞穂氏が共産主義の本性を露わにし、ジェンダーフリーを再び持ち込もうと動き出している。政府の男女共同参画会議の基本問題・計画専門調査会(会長・羽入佐和子お茶の水女子大学長)は4月15日、新たな男女共同参画基本計画(第3次計画)策定に向けて中間整理案を公表した。その中身はジェンダーフリーを復活させ、過激な性教育や夫婦別姓導入などを柱とする、きわめて危険なものだ。共産主義勢力による伝統文化や家庭破壊から日本を守るために「ジェンダーフリー計画」を断じて実施させてはならない。
 第3次男女共同参画基本計画は、男女共同参画基本法に基づくもので、2011年度から5年間の政府の施策を規定する。
 男女共同参画会議が公表した中間整理案はパブリックコメント(公聴会)に掛けられ、6月中に答申案としてまとめ、首相に提出される。内閣府は答申を受け9月から11月にかけて計画案を取りまとめ、公聴会を開いて12月中に諮問・答申し、第3次基本計画が閣議決定される予定である。
 中間整理案がそのまま通れば、来年度から5年間、拘束されることになり、わが国は「ジェンダーフリー天国」に化す。
 ジェンダーとは「社会的・文化的に規定される性差」(岩波女性学事典)とし、それをなくすジェンダーフリーは男らしさや女らしさなどの男女の違いまで否定する考えだ。

2010年5月1日

勝共思想講座 疎外論
勝共思想講座 唯物論
勝共思想講座 唯物弁証法
勝共思想講座 唯物史観
勝共思想講座 認識論
勝共思想講座 疎外論の克服
勝共思想講座 家族論