共産主義は間違っている!
国際共産主義勢力、文化共産主義勢力の攻勢に勝利しよう!

勝共運動による救国救世

特集 何が青少年の心を壊すのか
 佐世保女子高生殺害事件から見えるもの

特集 集団的自衛権の真実
 政府新見解 閣議決定後の課題

特集 日米VS中国 新冷戦
 中華覇権主義の野望を阻め

特集 人口急減社会到来の衝撃
 迷走・少子化対策への処方箋

特集 日本のエネルギー戦略
 原発再稼動こそ現実的選択

特集 日米関係を強化せよ
 岐路に立つ同盟の行方

特集 教育を取り戻せ
 「国家100年の計」を問う

特集 日本「強靭」列島
 東日本大震災3年後の課題

特集 中国崩壊
 激動の東アジアに備えよ

特集 日韓トンネル
 世界平和への道程

特集 家族再生の指針
 文化共産主義の策動を暴く

特集 東京2020
 新たな「坂の上の雲」めざせ

特集 国防戦略の再構築
 9条体制に訣別せよ

特集 救国ロードマップ
 安倍政権の日本再生策

特集 エネルギー戦国時代
 海洋国家・日本の進路

特集 政治決戦2013
 「戦後政治」に訣別する

特集 TPP戦略
 日本の国難を超克する

特集 憲法改正の春
 主権回復61年目の躍動

特集 激動する朝鮮半島
 東アジア安保の未来

特集 強靭な国・日本
 安倍政権の歴史的使命

特集 2013年の世界
 自由陣営再結束の年

特集 習近平の中国
 覇権・強権統治の行方

特集 日本政治の新基軸
 保守革命を引き起こせ

追悼特集
 文鮮明総裁と勝共運動

「強い日本」方案
 戦後政治の分岐点

特集 海洋大国
 21世紀・日本の進路

特集 スパイ戦争
 間接侵略から日本を守れ

特集 電力亡国
 原発ゼロ社会の恐怖

特集 金正恩体制の北朝鮮
 日本をいかに守るか

特集 戦後憲法の終焉
 今こそ日本を取り戻そう

特集 激変アジア安保
 大転換時代の到来

特集 社会保障の未来
 政治は何をすべきか

特集 大変動2012年
 分水嶺に立つ世界

特集 70億人の世界
 平和を構築できるか

特集 沖縄の「真実」
 東アジアの平和を守る

特集 野田新政権の実相
 崖っぷちに立つ民主党

特集 辛亥革命100年
 中国共産党の欺瞞

特集 エネルギー安全保障
 国民基盤をどう守る

特集 「日本的霊性」の復興
 震災後の国民精神を問う

特集 中東のカオス
 民衆革命とテロの行方

特集 国難3.11大震災
 日本再生への緊急提言

特集 有事に備えよ!
 日本の防衛課題の核心

特集 迷走地方自治
特集2 外国人地方参政権どう考える

特集 情報リテラシー戦争
講演再録 メディアは道義の実践者であれ

特集 防衛ビッグバン
講演再録 言論の自由と国家機密

特集 大陸帝国主義の台頭
特集2 北方領土を取り戻そう

特集 金正恩の北朝鮮
緊急特集 尖閣諸島の「真実」

特集 菅「革命」政権
 待ち受ける「最大不幸社会」

特集 2025年の世界
 存亡の岐路に立つ日本

特集 「国のかたち」
 ねじれ国会の日本政治

特集 「家族」が日本を救う  

特集 金正恩の北朝鮮
緊急特集 尖閣諸島の「真実」

特集 チャイナ・ショック
 巨竜帝国にどう臨むか

特集 新憲法宣言
 破綻日本の再生策

特集 「地域主権」の陰謀
 日本の国柄を危めるな

特集 ストップ・ザ・日本解体法案

特集 危機の日米同盟
 安保条約50年目の蹉跌

特集 真・共同体論
 世界平和への道

文鮮明総裁の時を観る目

 本連合の創設者、文鮮明総裁が逝去されて2周年が過ぎた。先日、韓国で2周年記念式典が行われた。私が文総裁を初めて拝見したのは、昭和42年。お近くでお会いしたのはその翌年であった。韓日勝共学生大会をソウル、光州、釜山、大邱等で開催。その日本代表7人の一人だった。
 我々の報告によく耳を傾けてくださったが、人の話にこれほど真剣に聴いてくださる方は初めてだった。この方は、話されるときも全力投球だが、話を聞かれるときの方がもっと心情を投入しておられる―強烈な衝撃であった。
 私がパラグアイで誘拐・拉致された報告をラスベガスで聴いてくださった時のこと。涙を浮かべながら耳を傾けられた。文総裁は6度も牢獄生活を体験しておられる。凄まじい拷問で何度も、何十回も生死の境を通過しておられる。その方の御苦労に比べたら、自分の経験なんて何万分の一にもならないのに…。この謙虚さ―ショツクだった。
 このような方だったから、世界の情報を吸収していかれたのだろう。しかし、それだけでは足りない。文総裁は何と言っても時を観る天才だった。ニカラグアの共産党政権を倒した時、レーガン米大統領一期目の選挙の時など数え上げればきりがない。
 圧巻は、1985年8月、スイスのジュネーブで行われた世界平和教授協議会世界大会でのこと。議長のモートン・カプラン米シカゴ大学教授(当時)の反対を押し切って「迫りくるソ連帝国の崩壊」を大会主題にされた。教授は国際政治学の分野では世界の五指に入る方であった。その後ソ連は、グラスノスチ(民主化)、ペレストロイカ(情報公開)を経て1989年12月、米国に対して白旗を揚げた。

 文総裁の時を観る目はどこから来たのだろうか? まずは、ソ連共産主義体制崩壊という目的観念に徹しておられたこと。次に、歴史の法則を熟知しておられたこと。そして、ソ連の戦略を見抜いておられたこと。4番目に闘うべき中心的事態において、やるべきことを徹底してやり抜いておられたことが挙げられるだろう。
 これらを、今の時に当てはめたらどうなるであろうか? 第1に、如何なる目的観念に徹すべきか。言うまでもない、中国共産党独裁体制崩壊であろう。歴史の法則から見ればどうか? 文総裁は、共産主義は、7代、70年を越えられないと言っておられた。
 これには前提条件がある。すなわち、我々がやるべきことをやったらということ。中国は、習近平国家主席で7代目。1949年建国であるから、2019年が70年目。中国の戦略については今まで述べてきたが、大きくはアフリカ、中南米を傘下に置き、上海協力機構を軍事的同盟、BRICSを経済的同盟とし、第3世界論に基づいて世界共産化を狙っている。
 第2世界である英・仏・独そして韓国を日米から引き離そうとしている。ここが今闘いの中心となっている。我々は、絶対に敵の戦略・戦術に乗ってはならない。ここを勝利すれば、共産国家中国は崩壊するであろう。

世界思想2014年10月号表紙
世界思想2014年10月号目次