共産主義は間違っている!
国際共産主義勢力、文化共産主義勢力の攻勢に勝利しよう!

勝共運動による救国救世

日本経済の再生へ
「アベノミクス」を再点検する

「自共対決」の時代へ
参院選2/3超で改憲へGO!

文革50年の中国
共産帝国覇権の野望と死角

政治決戦2016
参院選「夏の陣」の争点を探る

「アメリカの平和」の終焉?
2016年大統領選で起きていること

憲法改正 機は熟した
国政選挙での隠された最大争点

「強硬路線」爆進する北朝鮮
日米韓結束で東アジアの安全守れ

「日本共産党」の正体
「革命」目指す策動を阻止せよ

「中国の夢」の断末魔
チャイナ・リスクに立ち向かえ

TPPが拓く「新世界」
自由貿易基軸に戦略的共同体へ

「沖縄問題」の深層
東アジア安保の要衝を持続させよ

特集 同性婚合法化に“NO”
文化・思想的闘いの視点で捉えよ

特集 新しい進化論批判
創造論との和解は可能か?

総力特集 安保法制の真実
冷静な国民的議論で平和ボケ脱せ

総力特集 戦後70年の道程
21世紀の日本が向かうべき針路

総力特集 日韓国交正常化50周年
基本条約の精神に返り新次元の関係構築を

総力特集 日本の海洋戦略
太平洋を平和と繁栄の海に

総力特集 憲法改正安倍政権の挑戦
独立主権、平和国家日本へ

総力特集 宗教とテロの難問
「文化・文明の衝突」に与してはならぬ

特集 3.11東日本大震災から4年
「宿命」との闘いー日本は強くなっているか

特集 始動・第3次安倍内閣
長期安定政権への条件

特集 環太平洋の夢
自由・民主基軸の海洋同盟で新文明を拓け

特集 香港発大激震
「一国二制度」の欺瞞に揺れる巨大中国

特集 分水嶺に立つ沖縄
東アジア安全保障の“要石”を守れ

特集 何が青少年の心を壊すのか
 佐世保女子高生殺害事件から見えるもの

特集 集団的自衛権の真実
 政府新見解 閣議決定後の課題

特集 日米VS中国 新冷戦
 中華覇権主義の野望を阻め

特集 人口急減社会到来の衝撃
 迷走・少子化対策への処方箋

特集 日本のエネルギー戦略
 原発再稼動こそ現実的選択

特集 日米関係を強化せよ
 岐路に立つ同盟の行方

特集 教育を取り戻せ
 「国家100年の計」を問う

特集 日本「強靭」列島
 東日本大震災3年後の課題

特集 中国崩壊
 激動の東アジアに備えよ

特集 日韓トンネル
 世界平和への道程

特集 家族再生の指針
 文化共産主義の策動を暴く

特集 東京2020
 新たな「坂の上の雲」めざせ

特集 国防戦略の再構築
 9条体制に訣別せよ

特集 救国ロードマップ
 安倍政権の日本再生策

特集 エネルギー戦国時代
 海洋国家・日本の進路

特集 政治決戦2013
 「戦後政治」に訣別する

特集 TPP戦略
 日本の国難を超克する

特集 憲法改正の春
 主権回復61年目の躍動

特集 激動する朝鮮半島
 東アジア安保の未来

特集 強靭な国・日本
 安倍政権の歴史的使命

特集 2013年の世界
 自由陣営再結束の年

特集 習近平の中国
 覇権・強権統治の行方

特集 日本政治の新基軸
 保守革命を引き起こせ

追悼特集
 文鮮明総裁と勝共運動

「強い日本」方案
 戦後政治の分岐点

特集 海洋大国
 21世紀・日本の進路

特集 スパイ戦争
 間接侵略から日本を守れ

特集 電力亡国
 原発ゼロ社会の恐怖

特集 金正恩体制の北朝鮮
 日本をいかに守るか

特集 戦後憲法の終焉
 今こそ日本を取り戻そう

特集 激変アジア安保
 大転換時代の到来

特集 社会保障の未来
 政治は何をすべきか

特集 大変動2012年
 分水嶺に立つ世界

特集 70億人の世界
 平和を構築できるか

特集 沖縄の「真実」
 東アジアの平和を守る

特集 野田新政権の実相
 崖っぷちに立つ民主党

特集 辛亥革命100年
 中国共産党の欺瞞

特集 エネルギー安全保障
 国民基盤をどう守る

特集 「日本的霊性」の復興
 震災後の国民精神を問う

特集 中東のカオス
 民衆革命とテロの行方

特集 国難3.11大震災
 日本再生への緊急提言

特集 有事に備えよ!
 日本の防衛課題の核心

特集 迷走地方自治
特集2 外国人地方参政権どう考える

特集 情報リテラシー戦争
講演再録 メディアは道義の実践者であれ

特集 防衛ビッグバン
講演再録 言論の自由と国家機密

特集 大陸帝国主義の台頭
特集2 北方領土を取り戻そう

特集 金正恩の北朝鮮
緊急特集 尖閣諸島の「真実」

特集 菅「革命」政権
 待ち受ける「最大不幸社会」

特集 2025年の世界
 存亡の岐路に立つ日本

特集 「国のかたち」
 ねじれ国会の日本政治

特集 「家族」が日本を救う  

特集 金正恩の北朝鮮
緊急特集 尖閣諸島の「真実」

特集 チャイナ・ショック
 巨竜帝国にどう臨むか

特集 新憲法宣言
 破綻日本の再生策

特集 「地域主権」の陰謀
 日本の国柄を危めるな

特集 ストップ・ザ・日本解体法案

特集 危機の日米同盟
 安保条約50年目の蹉跌

特集 真・共同体論
 世界平和への道

北の新脅威には日韓防衛協定で

 リオ五輪も終わり、世界の目は4年後の東京五輪へと焦点が移ってきた。しかし2020年までの期間は、東アジアに大地殻変動が起きる激変期である。
 すでにその兆候が現れ始めた。8月16日、在英北朝鮮大使館ナンバー2のテ・ヨンホ公使が家族と共に韓国に亡命した。彼は北朝鮮屈指のエリート外交官で、テ・ヒョンチョル金日成総合大学総長の弟でもある。北朝鮮高官の韓国への亡命は2013年の8件から毎年倍々ゲームで増えてきており、このような事態を受け韓国朴槿恵大統領は8月22日、北の体制が揺らぐ可能性が高まっていると会議の場で発言した。

 その矢先の8月24日午前5時半、北朝鮮は潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を1発発射。ミサイルは約500キロ飛行し、日本の防空識別圏内の日本海に落下した。SLBMは300キロ以上飛行すれば成功とみなされており、2~3年かかると推測されていた北朝鮮SLBMの実戦配備は、来年前半には可能になるのではと、大きな衝撃を与えている。
 北朝鮮の一連の核・ミサイル実験については、6月5日に報道されたNHKスペシャル「北朝鮮〝機密ファイル〟知られざる国家の内幕」で、詳細に伝えられている。
 筆者が得ていた情報と総合すると、北の核・ミサイル実験は内部向けである。金日成体制化では愛国心、忠誠心、金正日体制化では愛国心が国民・兵士にあったが、金正恩体制になって両方ともになくなり、いつ誰が反逆するかわからなくなった。あるクラス以上の兵士に関しては個人情報ファイルを作り、危険視される人物は処分する。
 昇進は粛清の危険性が大きくなるので誰も望まず、妹の与正以外は全て面従腹背。兵士への食糧も十分供給されず、軍用車両の燃料も僅かしかなく通常兵器は時代物が多い。何の希望も感じられない国民を粛清と核・ミサイルでまとめているのが北朝鮮の実相である。朴大統領の発言もむべなるかなであろう。

 本年春には、北朝鮮有事の際に直接衝突を避けるため米中が水面下で話し合っている。中国の主張は平壌で線を引く。そうなると寧辺にある核施設は中国のものとなるから、米国は反対し、寧辺よりも北のラインで分割と主張したという。
 中国もTHAAD(最終段階高高度地域防衛ミサイルシステム)導入で韓国と対立、外交的に孤立し経済的にも疲弊し、共産党幹部の腐敗、権力闘争等深刻化している。北朝鮮にしろ中国にしろ、軍事的暴挙に出るか崩壊していくかの時が近づいている。
 日米韓は両方を想定しながら対備していかねばならないが、米国は弱体化している。ではどうすべきか。先ずは北朝鮮SLBMへの防備。その為には哨戒能力を高めることが肝要である。幸い日本のそれは世界のトップレベルにある。韓国もそれを必要としてきている。先ずは日韓防衛協定を早急に締結しなければならない。今ほど日韓が協力して米国を巻き込んでいかねばならない時はないのではないか。

世界思想2016年10月号表紙
世界思想2016年10月号目次