共産主義は間違っている!
国際共産主義勢力、文化共産主義勢力の攻勢に勝利しよう!

勝共運動による救国救世

まるわかり民共共闘
「白アリ共産党」に蝕まれる民進党の断末魔

極限の東アジア
「世界一危険な火薬庫」への処方箋

日本経済の再生へ
「アベノミクス」を再点検する

「自共対決」の時代へ
参院選2/3超で改憲へGO!

文革50年の中国
共産帝国覇権の野望と死角

政治決戦2016
参院選「夏の陣」の争点を探る

「アメリカの平和」の終焉?
2016年大統領選で起きていること

憲法改正 機は熟した
国政選挙での隠された最大争点

「強硬路線」爆進する北朝鮮
日米韓結束で東アジアの安全守れ

「日本共産党」の正体
「革命」目指す策動を阻止せよ

「中国の夢」の断末魔
チャイナ・リスクに立ち向かえ

TPPが拓く「新世界」
自由貿易基軸に戦略的共同体へ

「沖縄問題」の深層
東アジア安保の要衝を持続させよ

特集 同性婚合法化に“NO”
文化・思想的闘いの視点で捉えよ

特集 新しい進化論批判
創造論との和解は可能か?

総力特集 安保法制の真実
冷静な国民的議論で平和ボケ脱せ

総力特集 戦後70年の道程
21世紀の日本が向かうべき針路

総力特集 日韓国交正常化50周年
基本条約の精神に返り新次元の関係構築を

総力特集 日本の海洋戦略
太平洋を平和と繁栄の海に

総力特集 憲法改正安倍政権の挑戦
独立主権、平和国家日本へ

総力特集 宗教とテロの難問
「文化・文明の衝突」に与してはならぬ

特集 3.11東日本大震災から4年
「宿命」との闘いー日本は強くなっているか

特集 始動・第3次安倍内閣
長期安定政権への条件

特集 環太平洋の夢
自由・民主基軸の海洋同盟で新文明を拓け

特集 香港発大激震
「一国二制度」の欺瞞に揺れる巨大中国

特集 分水嶺に立つ沖縄
東アジア安全保障の“要石”を守れ

特集 何が青少年の心を壊すのか
 佐世保女子高生殺害事件から見えるもの

特集 集団的自衛権の真実
 政府新見解 閣議決定後の課題

特集 日米VS中国 新冷戦
 中華覇権主義の野望を阻め

特集 人口急減社会到来の衝撃
 迷走・少子化対策への処方箋

特集 日本のエネルギー戦略
 原発再稼動こそ現実的選択

特集 日米関係を強化せよ
 岐路に立つ同盟の行方

特集 教育を取り戻せ
 「国家100年の計」を問う

特集 日本「強靭」列島
 東日本大震災3年後の課題

特集 中国崩壊
 激動の東アジアに備えよ

特集 日韓トンネル
 世界平和への道程

特集 家族再生の指針
 文化共産主義の策動を暴く

特集 東京2020
 新たな「坂の上の雲」めざせ

特集 国防戦略の再構築
 9条体制に訣別せよ

特集 救国ロードマップ
 安倍政権の日本再生策

特集 エネルギー戦国時代
 海洋国家・日本の進路

特集 政治決戦2013
 「戦後政治」に訣別する

特集 TPP戦略
 日本の国難を超克する

特集 憲法改正の春
 主権回復61年目の躍動

特集 激動する朝鮮半島
 東アジア安保の未来

特集 強靭な国・日本
 安倍政権の歴史的使命

特集 2013年の世界
 自由陣営再結束の年

特集 習近平の中国
 覇権・強権統治の行方

特集 日本政治の新基軸
 保守革命を引き起こせ

追悼特集
 文鮮明総裁と勝共運動

「強い日本」方案
 戦後政治の分岐点

特集 海洋大国
 21世紀・日本の進路

特集 スパイ戦争
 間接侵略から日本を守れ

特集 電力亡国
 原発ゼロ社会の恐怖

特集 金正恩体制の北朝鮮
 日本をいかに守るか

特集 戦後憲法の終焉
 今こそ日本を取り戻そう

特集 激変アジア安保
 大転換時代の到来

特集 社会保障の未来
 政治は何をすべきか

特集 大変動2012年
 分水嶺に立つ世界

特集 70億人の世界
 平和を構築できるか

特集 沖縄の「真実」
 東アジアの平和を守る

特集 野田新政権の実相
 崖っぷちに立つ民主党

特集 辛亥革命100年
 中国共産党の欺瞞

特集 エネルギー安全保障
 国民基盤をどう守る

特集 「日本的霊性」の復興
 震災後の国民精神を問う

特集 中東のカオス
 民衆革命とテロの行方

特集 国難3.11大震災
 日本再生への緊急提言

特集 有事に備えよ!
 日本の防衛課題の核心

特集 迷走地方自治
特集2 外国人地方参政権どう考える

特集 情報リテラシー戦争
講演再録 メディアは道義の実践者であれ

特集 防衛ビッグバン
講演再録 言論の自由と国家機密

特集 大陸帝国主義の台頭
特集2 北方領土を取り戻そう

特集 金正恩の北朝鮮
緊急特集 尖閣諸島の「真実」

特集 菅「革命」政権
 待ち受ける「最大不幸社会」

特集 2025年の世界
 存亡の岐路に立つ日本

特集 「国のかたち」
 ねじれ国会の日本政治

特集 「家族」が日本を救う  

特集 金正恩の北朝鮮
緊急特集 尖閣諸島の「真実」

特集 チャイナ・ショック
 巨竜帝国にどう臨むか

特集 新憲法宣言
 破綻日本の再生策

特集 「地域主権」の陰謀
 日本の国柄を危めるな

特集 ストップ・ザ・日本解体法案

特集 危機の日米同盟
 安保条約50年目の蹉跌

特集 真・共同体論
 世界平和への道

太平洋の平和、期待される日本の役割

 フィリピンのドゥテルテ大続領の言動が問題となっている。東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議のためラオスに出発する際、地元ダパオでの記者会見に臨んだドゥテルテ氏に、首脳会談の席で麻薬取り締まりのため1000人以上を不法に殺害したことをオバマ米大統領から問われるのではとの質問に対し、「彼のことは気にしない。誰だ、それは。売春婦の息子め、ののしってやる!」と言い放ったのだ。
 翌日、「大きく物議を醸した発言を後悔している」と声明を発表したが、ことすでに遅し。米国政府が、予定されていた米比首脳会談中止を決定した後だったからである。

 その後ドゥテルテ大続領は訪中し、習近平国家主席から240億ドル(約2兆5千億円)の援助をひきだしたが、北京市内での経済フォーラムでの演説でもさんざん米国の悪口を言っている。その中で、「アメリカとの関係を離脱する。軍事的にも経済的にも離脱する」とまで述べ、南シナ海での領有権問題でも中国との2国間協議に応じることを約束した。
 その後、フィリピン外務省は釈明したが、米国はラッセル国務次官補をフィリピンに派遣し、対中接近に厳しくクギを刺したのである。
 中国は来年秋、5年に1度の党大会を控える。習主席はそこで党規約を改変し3期15年まで主席続投を目指していると伝えられている。7人の中央政治局員の座をめぐっても習近平主席派と李克強首相派の激しい権力闘争が行われており、10月24日からはその前哨戦となる第18期中央委員会第6回総会が開かれている。
 習近平、主席のフィリピンヘの大判振る舞いは、その直前になされたもので内部向けのパフォーマンス的色彩がないわけではない。しかし中国国内では、国内経済が青息吐息の状態で、どうしてこのような多額の海外支援をやるのかとネット上で厳しい批判がなされた。

 中国の狙いは明らかだ。南シナ海から東シナ海を制し太平洋に進出、米国包囲網を築くと共に、最終的には米国にとって代わっての世界覇権を握ることであり、そのための海洋戦略の一環としての南シナ海の軍事的制覇なのである。
 これを具現化するためには、太平洋への出口となる島国を押さえなければならない。しかし台湾は蔡英文氏の当選により道は遠のいた。残るはフィリピン、そして尖闇列島からつながる日本の西南諸島、沖縄である。
 指導者がなすべき第1のことは、ことの大小、優劣の順序を決めることであろう。大国の指導者が「木を見て森を見ず」に陥ったら世界が混乱する。米国は、フィリピンの過激な麻薬取り締まりに対する批判より、フィリピンを対中包囲網の中に引き留めて置くことを優先すべきではなかろうか。米国が難しければ日本がやるしかない。太平洋を平和な海とするために、島嶼国をまとめる役割は、同じ島嶼国である日本のほうが果たせる可能性を有しているといえよう。安倍晋三総理はその器を備えた方である。

世界思想2016年12月号表紙
世界思想2016年12月号目次