ゾンビ「共産都政」を断じて許すな

 7月の東京都知事選がにわかに注目を集めている。小池百合子都知事が3選出馬を表明する見通しだが、その前に立憲民主党の蓮舫参院議員が「反自民、非小池」を掲げて立候補を表明した。これを受けて日本共産党は諸手を挙げて蓮舫支持を打ち出し、「立憲共産党」路線による都政奪取を目指すと意気込み、これを梃に来たる総選挙で自公政権を葬り去ると拳を挙げている。その意味で都知事選の趨勢は日本の将来を左右しかねない

 結論から言っておこう。都知事が何人であろうと、共産党が与党になる「共産都政」は都民にとっても国民にとっても最悪の選択であり、断じて許せない。戦後の一時期、日本中で共産党を与党とする「革新自治体」が生まれたが、それがどれほど悪政であったか、すなわち「革命の砦」を標榜する共産自治体であったか。そのことを多くの国民は亡失している。若い世代はまったく知らないところだろう

都知事選に出馬表明する蓮舫氏

共産与党都政は革命の砦と化す

 「革新自治体時代」と称されたのは1960年代から70年代後半のことである。その幕開けとなったのは67年4月の美濃部亮吉革新都政の登場で、当時、伏魔殿都政と呼ばれた汚職の続発、さらに66年末の国会の「黒い霧解散」の影響を受けた結果である。腐敗すると〝ばい菌〟が繁殖する、の図である。その意味で岸田文雄政権下の不祥事続発は危機的と言わねばならない。

 70年代に大都市を中心に「太平洋革新ベルト地帯」が生まれたが、そこでは共産勢力の党派的な施策が採られ、「都市を占拠し国家権力を包囲する」(飛鳥田一雄横浜市長=後の社会党委員長)といった自治体の「革命の砦」化が図られた。

 共産府政と呼ばれた蜷川虎三京都府政下では、「住民の要求を行政に大衆政治方式としてぶっつけていくかたわら、部落に『赤旗』を購読させ、主婦たちのための憲法の学習会を開かせ、党勢拡大」(灘井五郎・元共産党府議=『議会と自治体』70年11月臨時増刊)を行ったと豪語している。

 「福祉の美濃部」を標榜した美濃部革新都政は「バラマキ福祉」を続け、3期12年を終えた79年には約4兆2千億円もの借金を残し、その後の都政を停滞させた。その一方で共産勢力への肩入れを盛んに行ない、住民運動と称する左翼活動を支援するため都民生活局に「参加推進部」まで設け、例えば78年度予算に極左集団が加わる団体の運営費として1千6百万円を計上。これらは彼らのビラ代や活動費としてすべて使われた。

 また日本共産党の機関紙「赤旗」(現在は「しんぶん赤旗」)の購読数は都と23区を合わせて2万部を下らず、これらは都・区の公費から賄われ、年間、数億円の税金が共産党に流れた。革新知事と与党・共産党議員が職場に圧力を掛け、職員個人にも自宅購読を強制したのである。総額は何十億円にも上り、自民党の派閥を巡る不透明資金も可愛いぐらいだ。

 美濃部知事は68年、朝鮮大学校を認可し、それを手土産に71年に訪朝、金日成主席(当時)と会見し北朝鮮を絶賛し日朝友好を誓い、その証として東京都墨田区にある都立横網町公園に関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑を建立した。歴代知事はその記念式典に追悼文を送り、式典の主催団体の北の傀儡「日朝協会」を利してきた。小池氏がその悪弊を断ち切ったが、蓮舫氏は出馬会見でその復活をほのめかしている。

 石原慎太郎都知事(99~2012年)は公立学校での国旗掲揚・国歌斉唱の職務命令を徹底させ違反者を厳しく処分し、自衛隊との防災訓練にも積極的に取り組んだが、共産都政が登場すれば自衛隊は肩身を狭くし、都教組・共産党系教師は主人面で闊歩し、いずれも元の木阿弥と化す。

左翼政策が徘徊日本は潰される

  「日本潰し」の策動も蠢くだろう。21年に菅直人元首相の愛弟子、いわゆる菅直人チルドレンの松下玲子・東京都武蔵野市長(当時)は外国人にも投票資格を与える「住民投票条例」の制定を企てた(賛否を問う住民投票で反対多数)。松下氏は次期総選挙に菅氏後継で立憲民主党から出馬する。蓮舫氏とは盟友関係にあり、共産都政が登場すれば全都下でこうした動きが蠢くだろう。

 あるいは「自治基本条例」を作らせ、これを足場に「住民団体」と称して左翼が行政に介入し、ジェンダーフリー(性差否定)の「男女共同参画条例」、子供の自己決定権ばかりを言い立てる「子供権利条例」、人権擁護を口実に保守言論を弾圧する「人権条例」などの制定を狙うだろう。

 さらに極左集団が主張する「無防備条例」や「非核反戦条例」といった反米・反自衛隊活動が闊歩し、国民保護法に基づく避難訓練などに難癖をつけるだろう。在日米軍基地はやり玉にあげられ、東アジア防衛の要である在日米軍及び空自横田基地の反対運動は過激化するだろう(沖縄闘争のように)。

 我ら勝共運動は78年に蜷川共産府政打倒に大きな役割を果たした。共産都政復活はもとより、「革命の砦」づくりを厳しく監視し、その動きを粉砕するために全力を挙げる所存である。

【思想新聞 6月15日号】 米大統領選・トランプ氏は再選に向けて前進する/真・日本共産党実録/文化マルクス主義の群像/朝鮮半島コンフィデンシャル

機関紙「思想新聞」へのお問い合わせ・購読はこちらへ

 


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

「いいね」と思ったらシェア!