れいわ新選組の正体は「第2共産党」と言っていい。

 山本太郎氏が設立した新党「れいわ新選組」が比例で228万票で2議席を獲得した。

 山本氏は6年前も「お騒がせ」ぶりが際立っていた。東日本大震災以降、反原発と東北地方の農産物へのエキセントリックに拒否する態度は異様だったが、旧民主・民進党系(立憲民主および国民民主党)よりも左に振れ「極左」とまで言える変貌を遂げた小沢一郎氏の「生活の党(自由党)」と組むことで、選挙で戦えるようになったと言える。

 それを今回、山本氏は自由党を離党して新党を立ち上げ、一気に野党の話題をかっさらい、メディアにも持ち上げられている。この背後に何があったかご存知だろうか。

 

れいわ新選組を支えた選挙参謀 斎藤まさし氏とは?

 

 「れ新組」での山本氏の戦いぶりは、従来からの反原発、反TPP、反沖縄基地という政治スタンスに加え、消費税廃止、最低時給1500円、奨学金チャラ、公務員増員、国債発行でデフレ脱却給付金、障害者への「合理的配慮」反対などだ。

 

 安倍政権反対と掲げてはいるが、デフレ脱却のためインフレターゲット2%というのはアベノミクスでやってきたことそのものだ。ただ、大企業を敵視するスタンスは共産党と全く同じ。最低賃金引き上げれば中小企業がどんどん潰れる(現在の文在寅政権で行っている)と理解していないようだ。

 そして「特定枠」としてALS患者の舩後靖彦氏と重度障害者の木村英子氏を立てた「戦略」が見事に的中した。インターネット上で資金を募る「クラウド・ファンディング」で有権者の参加を促すという手法も、4億円の支援が集まり、「追い風」手応えを感じたことだろう。

 しかし、選挙戦を戦う中で、山本氏は「新党今はひとり」なる政治団体を設立していたが、「ひとり」で選挙など戦えるわけがない。表向きは山本氏が1人で動いているように見える

 6年前の選挙や沖縄での辺野古移設反対運動で「共闘」していたのが、極左過激派「中核派」との協力関係だ。さらに、6年前の選挙でも「選挙参謀」として動いていたと言われるのが、「市民派選挙の神様」の異名を持つ斎藤まさし(本名=酒井剛)氏だ。

 

山本は中核派の反原発組織NAZENの呼びかけ人でもあった。事務局長は元全学連委員長 織田陽介(写真引用)。

 元国会議員秘書で現在ジャーナリストの安積明子氏の「選挙ドットコム」の記述によると、今回の選挙でも斎藤氏が動いたようだ。新宿の街頭演説にも現れた斎藤氏は、「桃太郎」のようなカラーで演説と寄付集めのアイディアを指南したり、山本氏の比例区転出もアドバイスしたという。

 斎藤氏は80年代にMPD・平和と民主運動で国政をめざしその後「市民の党」を立ち上げた。旧民主党政権時代に、菅直人元首相との献金がらみやよど号ハイジャック犯・田宮高麿の子を選挙に担ぎ出した北朝鮮と強いつながりを持つ人物だ。彼は2015年の静岡市長選で公職選挙法違反で最高裁で有罪が確定した身分だ(執行猶予中)。

左翼的ポピュリストに日本国民は騙されてはならない。

 この「選挙のプロ」の指南を受けた「れ新組」で山本太郎氏は、選挙中、共産党候補の応援にも足繁く通っている。

 立憲の枝野氏は「自称保守」を言わなくなったが、党内では共産党と「共闘」はするが「連立政権」には反対論も根強い。そんな中、「れ新組」が自由に共産党に秋波を送る態度が、立憲には羨ましく映るのではないだろうか。山本氏は奇矯な振る舞いが突出したまさにカリスマ的左翼ポピュリストと言ってよい。

 表面では人権重視派に見えるが、福島の風評被害にはまったく意に介さない。それがポピュリズムたるゆえんである。

彼らの正体は、過激派「中核派」とも連携してきた「第2共産党」であり、良心的な国民までもが騙されぬよう、その動きを警戒すべきである。

 

思想新聞文化共産主義 躍進「れいわ新選組」の正体  8月1日号より(掲載のニュースは本紙にて)

8月1日号 自民「鬼門」突破 与党改選過半数獲得 / 名古屋安保大会に800人集結 / 主張 改憲の「大義」を公論で起こそう etc

機関紙「思想新聞」へのお問い合わせ・購読はこちらへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ジャーナリスト伊藤詩織氏が「複数愛」の広告塔に

  2. アウティングは普遍的なプライバシー問題

  3. 「テロ等準備罪」法案成立を評価する

  4. 「同性婚」の是非問うLGBT運動の「本丸」

  5. 内閣支持率低下、もう一つの原因




最近の記事